全ての問題の元は根っこにある。根っこを癒す人・ルーツカウンセラー

今、目の前で起こっていることはあなたに必要なこと

2019/02/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

明けましておめでとうございます(^^)

昨年は「引き寄せ」は、「思考の現実化」を体当たりで教えられた年でした。

2019年は、今まで以上に「楽しむ」を生きる人が波に乗る年になりますね。

私も肩の力を抜いて楽しみながら生きていきます(^^)

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年最初のテーマは【目の前で起こっていることは必要だから起こっている】について書いていきますね。

 

どんな関係だとしても

今、目の前で起こっていることは、自分に必要であり学びがあるから起こっています。

たとえ、どんな関係だったとしても
「自分と向き合う、自分を知る、自分を生きる」

ことを教えてくれています。

今、起きてることを他人のせいにするのは簡単です。

だけど、そうじゃない。

そこで、<気づく>ことが大切なんです。

向きあって気づくことで癒され、

それが、

あなた自身を幸せにしていくんです。
<自分と向き合う>

というのは、自分の痛いところに手を突っ込んで抉ります。

汚くて、知りたくなくて、見たくなくて、怖いところに触ります。

自分で自分を抉るのです。

そりゃ、嫌ですよね。

だって、痛いですもん。

だって、苦しいですもん。

とても怖いですもん。

醜い自分見たくないですもん。

私は、そんな事ない。

私は、「かわいそう」じゃない。

痛いとわかってることからは、逃げたくなる。

向き合いたくない心を、スピリチュアルな世界に向けて没頭することもあります。

自分ではそんなつもりはなくても、

<人間の感情>を置きざりにできる<魂>の世界へと行ってしまう。

その方が、“楽”だから。

でも、逃げたいときは逃げたっていいんです。

逃げたら、ちゃんと戻ってくればいい

人間という自分に

人間で生まれて来たってことは、人間として生きるということなんです。

人間だからこそ、<感情>を感じるんです。

魂の世界に行ったきり感情を切り離してしまったら、ただの空中浮遊している痛い人になっちゃいます。

何があっても「全ては愛です」で片付けちゃうような・・・

それで、片付けられないのが人間なんですから。

痛いところに手を突っ込んで、抉るのは自分を傷付ける為じゃありません。
自分を癒し、自分の力で生きて、自分を幸せにする為です

 

最後に

今、目の前で起こっていることも、

目に映る言葉も、入ってくる情報も、

あなたへのメッセージです。

あなたに、必要なことだから入ってきます。

目の前に転がってるあなたへのメッセージを受け取って、学びにしてくださいね。

あなたを幸せにできるのは、あなただけなんです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. かな より:

    natuさん、明けましておめでとうございます。
    今、わたしに起きているこの状況も必要なことなのでしょうか…2回目の未読スルー状態で2ヶ月、返信来なくなって4ヶ月くらい経ちます。年末には実家のあるこっちへ来るだろうから、何かしら連絡ないかなーと淡い期待をしてましたが、何もなく。思わず、ゆっくり出来てますかってまた送っちゃいました。。会いたいさえも言えないし、聞いてももらえない。言葉にしなくても気持ちが伝わればいいのにって本気で考えたりして(笑)
    彼からしたら、連絡とかもう本当にやめてほしいと思われてるんだと思います。
    だけど、どこかでまた繋がれる気がして待ってしまったり期待してしまうんです。なにより彼が好きだからまだ信じたいって思ってしまいます。
    こんなに無視してた相手にまた連絡してみようって思う人いるんでしょうか、、ネガティブすぎる自分(笑)

    • natu より:

      かなさんへ>
      明けましておめでとうございます。
      コメントもありがとうございます。

      今もまだそのような状況なんですね。
      それはとても辛いですね。
      今、かなさんの目の前で起こってることはかなさんに必要だから起こっていますよ。
      好きだから繋がっていたいと想うことは執着することとは違うんですね。
      ただ、今の状況は彼からの愛を感じますか?
      彼に執着してしまう心の奥には何があるのか?
      自分と会話してみてくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2019 All Rights Reserved.