『毒親』から離れたいのに離れられない

   

こんにちは!natuです(^^♪

明日の約束、見るほどに私とリンクしていていて、ぐらんぐらんと揺れています。

真央ちゃんの、あの母親に向ける笑顔を見てると辛くなりますね。

私も同じでしたから。

今日は【毒親から離れたいのに離れられない】について書いていきますね。

 

離れるのが恐い

毒親に育てられて、自分の親が最低な親だとわかっていながら、親の側を離れられずにいる。

離れた方がいいに決まってるのは自分でもわかってる。

それでも、何かと理由をつけて親の側にいようとしてしまう。

離れなくていい理由を作っちゃうんです。

それは、親から離れるのが<恐い>から

どんなに最低な親だとわかっていても、

<私を愛してほしい>

<私をちゃんと見て欲しい>

<私を認めて欲しい>

<私は私でいいんだよってわかって欲しい>

と願うんです。

親の言うとおりに生きるのではなく、

自分の意志で生きている私をちゃんと見て、認めて、愛してほしいと願わずにはいられないんです。

「いつかきっと」と親を信じているんです。

それと同時に

<親は私に期待しているから>

<親は私がいなくなったら1人になっちゃう>

<親も大変だったからしょうがない>

と親を庇う自分もいるんですね。

子供は、親を信じたい。

親の為に出来ることなら、親の期待に応えようと必死に頑張るんです。

親が喜んでくれるなら、喜ばせたいと必死に頑張るんです。

親から離れて、親を捨てることを選んだ時点で、

願いが叶うことはないとわかっています。

その願いを捨てるという事は、

「私は親に愛されなかった」

「親が愛しているのは親の理想どおりの私。ありのままの私じゃなかった」

「親を喜ばせたいと必死に頑張ってきたことも無意味だった」

と認めることになるんです。

1番愛して欲しいと願った親からは、愛してもらえないんだと気づいてしまうんです。

それに気づくのが恐いんです。

受け入れるのがとても恐いんですね。

だから、離れたくても離れられないで、

親に反発する自分がいる一方で、親の理想通りの自分を演じてしまう自分がいるんですね。

そうしなければいけなかったんですね。

そうすることで、恐さから自分を守るしかなかったんですね。

ずっと耐えて、必死に頑張ってきたんですね。

 

 子供が親を捨てたっていい

親から離れようとするのは、とても恐くて勇気のいることです。

ですが、親と一緒にいることが苦痛で、辛くて、もう逃げ出したいと思うのなら親を捨てていいですよ。

親が子供を捨てることがあるように、子供だって親を捨てていいです。

親から<自由>になる方法を選んでいいんです。

子供であるあなたが自分の幸せの為に決めたことを、誰が責められるでしょうか。

誰もあなたを責めることなんてできません。

あなたは何も悪くないんですから。

親を捨てた自分を責めないでくださいね。

親から自由になって、あなたの感情の赴くままに生きてくださいね。

 

最後に

もう、我慢しなくて大丈夫です。

もう、耐えなくて大丈夫です。

親から自由になっていいんです。

あなたの生きたいように生きてあげてくださいね。

 

【前の記事】⇒毒親にならないために-毒親になってしまうことへの不安-

【毒親記事を最初から読む】⇒私の親は『毒親』!許せなければ許さなくていい

 

 - 毒親の問題 , , , , , , ,