スポンサーリンク

引き寄せは執着を手放す

引き寄せ

こんにちは。natuです(^^)

もうすぐクリスマスですね。

街中が華やかでわくわくしますね。

我が家でもやっとツリーを出しました♪

実はこれも引き寄せました(^-^)

今日は【引き寄せは執着してると遠ざかる】について書いていきますね。

 

スポンサーリンク

引き寄せは願って手放す

引き寄せは、内側の思い(本心)がエネルギー(波動)となって目の前の現実を作るということです。

頭でやってる偽の思い込みではなくて、ハートが本当は感じていることがエネルギーとなり、目の前の現実を作っているんですね。

冒頭で触れた、我が家のツリーもそうでした。

新築の家に引っ越してからも今までのツリーを飾っていたんですが、なにぶん小さくてそろそろ新しくしたいなぁ~と思っていました。

今までのツリーより大きくて、お部屋の雰囲気に合うふんわりとした綺麗なツリーが欲しいなぁと探していました。

ショッピングモールやショッピングセンター、通販を見てまわるもビビビッ!とくるものがない・・・。

それでも諦めきれずに執着して、毎日のようにネットと睨めっこするも

「う~ん・・・」というものばかりでした。

妥協して買ってもなぁ~。

よし!気に入らないのに買ってもつまらん!

今年もあのツリーを出して楽しめばいいじゃん。

その内、気に入ったのが見つかるさ~。

とネットとの睨めっこをやめ執着を手放してから数日後。

当時、会社員をしていた私はおつかいでパッケージプラザというお店を訪れました。

紙袋や包装紙、リボン、シール、事務用品などを大量に扱ってるお店です。

普段は滅多に行かないお店でした。

入ってすぐの所にクリスマスコーナーがあり、ふと上を見上げたらあるではないですかっ!!

ツリーがっ!!

紙袋を買いにきたお店にツリーがあることに驚いた私でしたが、あるものを見た瞬間、目と心を持っていかれました。

私の目を釘付けにしたのは真っ白な木にたくさんの水色と青色。

頂の光る星と周りでキラキラしている飾りが綺麗な、

まるで天使のような真っ白なツリーでした。

※セッションルームに飾ってます。ツリーの飾りつけは子供たち

「かわいいっーーー!!これだ!これ、絶対欲しい!!」

見つけたーーー!!と乱舞した瞬間でした。

その時は会社のおつかいで来ていたこともあり、予算もオーバーしていたので旦那さんと相談だと思い渋々買わずに帰りました。

(予算がオーバーしていても買う気満々でしたが(笑))

後日、旦那さんの許可も取ってルンルンで買いに行くと、またしても驚きがっ!!

なんと、ツリーがセール価格になっていたんです(*’▽’)

予算内に収まる金額まで下がっていたんです。

お店の人から聞いた話では、

「ツリーはその時に入荷したものだけの販売になるから、在庫もないし売れたらそれで終わりなんですよ~。来年はその時にならないと何が入荷するかわからないんですよ」

とのことだったので、その時、このお店でなければ出会えてなかったツリーでした。

こんな風に、執着を手放したら最初の願いの通りに引き寄せました。

躍起になって睨めっこしているときは、クリスマスまでに間に合わないという焦り、見つからないイライラ、恐れの感情で一杯でした。

楽しくクリスマスを過ごしたい気持ちからのツリー探しが、全く楽しめてなかったです。

そういうエネルギーを発していたので、引き寄せられてくるのも自分が満足するような物は来ず、更にイライラを増長させてしまってましたね(苦笑)

そもそも、

<執着>していることが「今の自分は不幸せだ」と言っているのと同じなんです。

執着とは、ある人や物事に捉われてそこから離れられない、心の状態のことを言います。

執着している物事や人を手にすることで

自分の幸せのバロメーターを上げようとしているんです。

=今の自分のままでは楽しくない、幸せじゃない

そうなれば、エネルギーは「楽しくない、幸せじゃない」になります。

引き寄せの法則で、もっと自分をつまらなく、不幸せにすることが寄ってきてしまうんですね。

今の自分に”ない”から欲するのではなくて、

今の自分でも幸せだけどこれがあったらもっとハッピー

と願ってあとは宇宙にお任せでいいんです(^-^)

自分を、より幸せにしてあげたいのなら、まずは今の自分を肯定してあげてくださいね。

執着を手放せたとき、新たな道が開きますよ。

 

最後に

引き寄せは、引き寄せたことに気づいて感謝していくとどんどん次が来ます。

こんな事も、あんな事もということも起きるようになります。

今の自分の幸せを受け取りながら、

「ケセラセラ」で楽しみながら生きていると引き寄せられますからね(^_-)-☆

 

タイトルとURLをコピーしました