スポンサーリンク

家に居場所のない男は不倫するー声優・鈴木達央さんに思うことー

不倫・ダブル不倫

こんにちは。お久しぶりです。natuです(^^)

この話題……触れようかどうしようか迷っていましたが、マンガ、アニメ、ゲーム好きオタクカウンセラーである私がスルーするのはずるいなと思い、私個人の見解と思いを書いていきます。

この先は、私個人の見解と思いを書いております。不快に思われる方もいるかもしれませんが、読み進める方はそれを承知の上でお読み下さい。

スポンサーリンク

夫婦のパワーバランス

私はこのブログでもずっと言ってきてますが、不倫については否定も肯定もしておりません。

不倫は、どちらか片方だけの問題ではないからです。

パートナーとの間に隙きがなければ、他人が入る余地なんてないんです。

された方が辛いのは、痛いほどに分かります。

する方が悪いのも、当たり前なのは分かります。

しかし、リスクがどれだけあるか。した代償がどれだけ高くつくのか。これだけ見せられているのに、『不倫』は増えていく一方です。

じゃあ、なぜ『不倫』はなくならいのか?

人は自分の心の隙間を埋めずにはいられないから。

その隙間が何を求めているのかは、人によって違います。

でも、根本にあるのは『孤独』『存在証明』だと感じています。

鈴木達央さんの場合は『存在証明』、男としての自分の価値を求めていたんだと思います。

男性性には、常に上を目指す上昇意識があり、理論的に動きます。見えないものより、見えるもの=物質的なものに価値を見出し、男として何を持っているか、ステータスに重きを置きます。

そして、自分の力で役に立つことが自信に繋がり、カッコいいと思う。

見えないもの(感情・感覚)=精神的なものを大事にする女性性とは、全く逆なんです。

彼の場合、競争意識も高く、ビックマウスも下ネタも女遊びも激しいというのも、自他共に認めるぐらい「俺様」を前面に押し出していました。

ビックマウスも自分を鼓舞する為の使い方と、本当は自分に自信が無くて、自分の弱さを隠す鎧としての使い方があります。

彼は、後者です。

自信がない、弱い自分を必死に取り繕って、負けないように頑張っていたんだと思います。

Lisaさんと付き合った当初は、お互いに差はなかったのだと思います。

ただ、Lisaさんはあっという間にスターの階段を駆け上っていきました。いくら頑張ってもすぐには追いつけない程に。どんどん離されていく。

鈴木さんも声優界では知名度は高いです。でも、それは声優界の中での話。世間一般での知名度は、うさぎと亀ぐらい差があるのは事実です。歌手としての知名度や実績ならもっと差はあります。(私もバンドやってるのは今回の騒動で知りました)

鈴木達央ではなく、<Lisaの夫>と周知され自分の名前が消えていく。

家庭ではパワーバランスは完全に逆転。収入も忙しさも彼女の方が上。

一家の大黒柱として、夫として、男としても奥さんに劣り、役に立っていない自分に何の価値があるのか?

家庭に自分は居なくてもいい、そんな風に感じでいたのではないでしょうか。

そんな時に、若くて経験値も浅い、純粋に自分を慕ってくれる無垢な存在が現れた。

自分の男としての価値を感じさせてくれるその存在に、目を向けずにはいられなかったんだろう。

音源を聞かせたのも、歌手としての自分を誉めて欲しかったのか。それとも、誉め言葉を卑屈な思いなしに、純粋に受け止めたかったのかもしれない。

「俺って凄いでしょ?」

ってドヤりたかったのかもしれない。

彼は表ではカッコつけて強く見せてても、裏では弱さを抱えて生きていたんだろうと感じる。

ただ、この情報漏洩に関しては絶対にやってはいけない事だ。

不倫に関しては2人の問題だから、周りがとやかく言う必要はない。

でも、この件は一社会人として、エンターテイナーとしても重大な規約違反。

そして、ケジメの付け方もやっちゃいけない方法だ。

キツイ言い方になるけど、いつ死のうが本人の自由だけど、このタイミングではない。

衝動的に抑えられなかったのかもしれないけど、この方法は一番卑怯だよ。

誰に対してもケジメをつけていないし、奥さんに背負わせなくていいものを背負わせた。

死ぬなら全部クリアにしてから。賠償金払う為に死のうが、罪悪感から死のうが、それを決めるは本人だ。本人が死ぬと決めたら、周りが何を言っても止められない。

死というのは、息を吸うように選ぶから。

今後、彼の声優としての復帰は絶望的だと思う。

キャラの声を替えないでって言ってる人が沢山いるのも疑問だ。

だって、未発表の音源漏らすっていうのは、漫画家が未発表の原稿流すってのと同じだよ。自らネタバレするんだよ。

そんな事する漫画家信用できる?漫画、打ち切りになってもおかしくないよね?

俳優だって不祥事起こしたらキャスト変されたり、出演部分カットされたりしてる。

声優の地位向上を、と声高にして言うのなら、責任の重さや処罰もそれと同等になるんだって事を理解しなきゃいけない。

最後に

漫画やアニメを作るというのは、膨大な作業と時間、人の手が関わっている。

たった数秒のシーンに何ヶ月もかける時もある。

そんな、情熱といいものを届けたい、その想いで私達に届けてくれる人達に心から感謝しています。

私がまだ死なずにいるのは、漫画とアニメがいつもそばにあるから。

これからも一オタクとして、応援していきます!本当にありがとうございます!!

※ちなみに私の好きな声優さんは中村悠一さん、宮野守さん、島崎信長さんです。

タイトルとURLをコピーしました