自分の為に何かを選んでいい!自分の為に生きよう

   

こんにちは!natuです(^o^)

昨日、みちよのスピリチュアルカウンセラー養成講座<ベーシック>が修了しました。

その事については、また別の記事で書きますね。

今日は【自分の為に生きる】について書いていきますね。

 

 自分の為に選んでいい

講座で出会った人達は、みんな縁があって繋がっているんですが、

その中でも、隣に座った人、なんかこの人気になるな、って感じた人とは特に通じるものがありました。

私の記事が少しでも力になれればと思って、ブログを紹介したら見に来てくれて、

「記事を見て泣いちゃった。ありがとう」

「この前の記事も読みながらまた泣いたよ~。今の私にグッと来て、どうして何も話してないのにわかるの~」

って言ってもらえたり、

コメント欄にも読者さんから

「何度も読ませて頂いてます。心の糧にしてます」

「今の私の背中を押してくれるよう」

って暖かいメッセージを頂いた。

そんな嬉しい言葉を掛けてもらえて、暖かいメッセージをもらって、本当に嬉しかった(*^_^*)

嬉しすぎて、嬉しすぎました。

ブログは、ちゃんとしたこと書かなきゃ、意味のあること書かなきゃダメじゃんって自分を追い込んで、

周りの目を気にしたりして好きなように書けなくなってやめたくなった時もあったけど、

やめないで良かったって心底思った。

それと同時に、<泣けて良かった>って思う。

涙は浄化でもあり、<泣く自分でもいいんだ>と自分に許している表れでもあります。

涙を堪えて、抑えて、泣くことをやめてしまっていると涙って出てこなくなっちゃうんですよね。

<泣くこと=弱い>になって、潜在意識で涙を止めちゃうんですよね。

だから、「泣けて良かった」って思うんです。

そして、講座の帰りにこんな質問をされました。

「natuさんは、何でヒーラーとかカウンセラーの道にいこうと思ったの?」

これも結構よく聞かれるんですが、その度に

「私と同じように居場所がない、消えてしまいたいとか、苦しんでいる人の助けになれたらと思って」

と答えていました。

あとは、師匠であるみちよさんに

「ヒーラーの道に進んでください。なって下さい。natuさんは人を助ける為に来ている」

と背中を押され、崖から飛び降りたからです(笑)

でも、答えるたびにモヤッとしてました。

<本当にそれだけ?>

そう。それだけじゃなかったことに気づきました。

<私は私がここに居ていい理由が欲しかったんだ>

<自分がこの世界で生きていることを実感したかったんだ>

やっとこの世界で生きる意味が見つかったとホッとしたんです。

やっと、人生を楽しもう、喜びを感じようと生きる自分がいたんです。

本当の最初は<自分の為>から始まっていたんですね。

でも、それでいいんです。

自分が人生を楽しまず、諦めて生きていたら、

生きる意味に迷い、苦しみ、

生きてる中で辛い、悲しい、なんでこんな目にばかりあうの?

ともがいている人達を癒すことなんて出来ないですよね。

「私の人生は諦めてるけど、あなたの人生は諦めないで。大丈夫だから」

なんて言われて「そっか。大丈夫なんだ!」と思う人いないですよね(苦笑)

<自分の為>に何かを選んでいいんですよ。

周りや他人から見たら、

<ありえない、都合よすぎ、そんな動機で、逃げてるだけじゃないの>

なんて言われたりするかもしれません。

でもそれは、その人の常識や解釈の中での認識で、

あなたが何を選んでホッとするかは、あなたにしかわからないんですね。

(人に迷惑を掛けまくって、自分のやりたいことをするのとは違いますよ^_^;)

それが、他人から見たらおかしなことでも、あなたがホッとできていれば大丈夫。

自分を幸せにすれば、周りも幸せになります。

自分が楽しく生きていれば、周りも楽しくなります。

自分を癒してあげると、他人を癒せるんです。

必ず自分が幸せになる道が広がっていきますからね(^-^)

 

最後に

<自分の為>に何かを選ぶことは、『いけない事で、ダメな事』という概念を押し付けられてきたので、後ろめたくなってしまうんですよね。

自分を幸せにして悪い事なんて何もない。

むしろ魂は、<愛=喜び>を求めているんです。

自分を喜ばせていきましょうね。

 

【前の記事】⇒消えてしまいたい。光はあなたの中にちゃんとある

【関連記事】⇒人前で泣けない。1人だと泣けるのになぜ?

 

 - スピリチュアル, 信念 , , , , , ,