スピリチュアルカウンセラー・ヒーラー -引き寄せの法則、不倫、恋愛 仕事、毒親、子育て-

『インターステラー』を見て-愛の力と時間の概念-

2018/01/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!natuです(^_^)

昨日の大雪の影響は皆さん大丈夫でしたでしょうか?

まだ余波が残っているようなので、怪我や事故などには気を付けてくださいね。

ここの所、ずーーーっと私のもとに<宇宙>というキーワードが入ってくるんです。

テレビ、雑誌、ネット、歌、マンガ、駅の看板とふと目にしたものからしつこい位に入ってくるんです。

これは、「宇宙について知る時がきたよ」ってサインなんですが、

そんな時に、講座の中で映画『インターステラー』の話が出たんですね。

以前から師匠が薦めていたので、私も気になっていた映画でした。

これは「見ろ!」ってことだと受け取りました。

レンタルに行ってる暇もないし今すぐ見たい!!のハートに従って、アマゾンプライムビデオで『インターステラー』を見ました。

最近、動画配信サービスにハマりつつあります(笑)

今日は【インターステラーを見て感じたこと】を書いていきますね。

 

愛の力

あらすじは、

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

※抜粋 YAHOO!映画より

この映画はすごくスピリチュアルな映画でした。

見ていて鳥肌がたちました。

この映画から感じとったものは<愛>の力<時間の概念>です。

人は科学的根拠や理論を優先し、頭で考え自分のハートの声を無視してしまう。

<愛>の力を、どこかでそんなものあるわけないと括っていて、自分のハートの声を軽視してしまう。

映画の中で、2つの内どちらか1つを選ばなければいけない状況になった。

女性飛行士は自分の彼氏が調査に行った惑星に行くべきだと主張する。

自分の正直な気持ちに従いたい。

<愛>は観察な可能な力で、高次元にアクセスできる。

10年以上も会っていない人に、死んでるかもしれない人に、銀河を超えて惹きつけられてる。

愛は時間も空間も越える未知の力。

彼に会いたい

それが間違いだというの?

彼女は彼に今もなお惹きつけられている自分の正直な気持ちに従いたかった。

だけど、それを主人公に「間違いだ」と言われてしまう。

主人公は、もう1つの惑星にいる博士が天才だから、今も信号を送ってきているからと理論を優先してそちらを選んだ。

しかし結果は、博士のいた惑星は人が住めるような惑星ではなかった。

博士は自分の名誉を守りたくて任務を遂行したいがために、データーを偽造し自分達を騙していた。

仲間も失い、博士も無茶をして自滅。

そこに、愛はなかった。

最終的に彼女だけ彼氏のいる惑星に行き、無事に辿り着く。

そこには彼の姿はもうなかったが、酸素も地表もあって、人類の新しい星となる惑星を見つけることが出来た。

彼に会いたい。

愛の力を信じて、自分のハートの声に従った彼女が選んだ星で間違いなかった。

主人公も、「周りが帰れる保証はない」と言っても娘に「必ず生きて帰る」と約束し、

娘も周りの皆が諦めても、自分だけは「パパが約束してくれたから」とパパの帰りを信じて待つ。

必ず生きて会えるとハートの声に従っていたら、生きて会えるように助けられるんですね。

娘に会いたい。

パパに会いたい。

お互いの愛の力が引き合い、多次元で存在している娘に繋がる事が出来たんです。

繋がれたことによって、娘に人類を救う方法をメッセージにして残すことが出来ます。

主人公は、娘にあげた時計にメッセージを残すことを選んだんです。

理由はただ一つ。

自分(父親)があげた時計だから。

娘は必ずメッセージに気づくと、愛の力を信じたんです。

その結果、娘は父親からのメッセージに気づき、解読し、人類を救ったんです。

そして、主人公は娘との再会を果たしました。

愛は時間も空間も越える未知の力。

<愛>の力は本当だったと伝えています。

そして、もう一つ感じたことは、

時間という概念は人類が勝手に定義しているだけで、過去も現在も未来も多次元で同時に存在しているんだなということです。

同時進行しているからこそ、遠い過去世の事が今の自分に影響しているんじゃないのかな。

それは過去ではなくて、今、同時進行している別の次元の自分と繋がっているから、

自分がそうであったことを強く感じ、自分の中に別の自分を感じるんじゃないのかな。

この映画からそんな風に感じました。

(ちなみに過去世は過去世と言った方が分かりやすいから、これからもそのまま使います。)

 

最後に

インターステラーはとても素晴らしい映画でした(^O^)/

宇宙満載でエネルギーも高いし、深いです。

映画の中の言葉で1番印象に残った言葉は、

<愛は観察できる力>

ヒーラーは自分の中の愛を見て、相手の愛も見る。

同じ事だな~とグッときました。

ぜひ、観てみてくださいね♪

 

【前の記事】⇒傷つきたくない。感情を出さなくなる。

【関連記事】⇒『BORDER 贖罪』を見て-人間だからこその選択- 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2018 All Rights Reserved.