スピリチュアルカウンセラー・ヒーラー -引き寄せの法則、不倫、恋愛 仕事、毒親、子育て-

いい子でいただけなのに。いい子の末路。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!natuです\(^o^)/

先週末の講座の宿題に興味のある人をリーディングしてくるというのがありました。

私はSMAPをリーディングしました。

退所組と残留組に分けてなんですが、その中でも木村くんについてを書いていきますね。

※ここから先は不快に感じる方もいるかもしれません。ご了承の上、お読みください。

 

 彼の1番

木村くんはSMAPの中でもルックスよし、歌よし、演技よし、何やらせても決まっちゃうカッコイイ男です。

男が憧れる男の木村くんが選んだのは事務所に残る事。

それによって、世間や社会、マスコミから言われたい放題言われ、ネットにも書かれ、TVやドラマに出ればあげ足とりをするかのようにバッシングされ、裏切り者扱いされちゃってますよね。

彼は何も悪くないのにね。

彼が譲れなかったものと、彼らが譲れなかったものが違っただけなんです。

彼らはSMAPの○○ではなく、1人の人間として育ての親(マネージャー)と自由を選んだ。

木村くんは1人の人間としてではなく、SMAPの木村拓哉として産みの親(事務所)と責任を選び、

自分たちに関わってくれている全ての人、全ての物を考えて事務所に残った。

中居ちゃんは自由と責任の狭間で悩んで、SMAPのリーダーとしての責任と木村さんを1人にしないように残った。

木村くんは、

親の言う通りに、期待通りに、

親の「子供にはこうなって欲しい」の理想像に応えられる自分になろうと、

<いい子>を演じてきてたんですね。

そして、親の為(事務所、マネージャー)だけではなく、ファン、スタッフ、スポンサー、共演者と自分を取り巻くたくさんの人の期待に応えようと、

<SMAPの木村拓哉>を演じて走り続けてきたんだと思います。

そうするしかなかったんですよね。

だからこそ、育ての親が自分たちから離れていっても、

その原因を作ったのが産みの親だとしても、捨てることが出来なかったのだと思います。

一旦、走り出したら止まることが許されない、

1人の人間としての<個>を持つ事も出来ず、

ただひたすらに、SMAPの木村拓哉として走り続けてきただけなんですよね。

それを続けることを選んだだけなんですよね。

では、彼がなぜこんなにもバッシングを受けるのか?

いい子を見て非難している人の中にも、抱えているものがあるからなんですよね。

自分も同じ様にいい子でいたいのになれない、出来ない自分に罪悪感を持っているんです。

いい子でいなくたっていいやって思ってるのに、本当はいい子になりたい自分もいる。

そんな自分がムカつくんですね。

いい子を上手くやってる人が鼻につくんです。

だから、いい子がちょっと道から外れたことや、失敗をしたりすると、

「ほら見ろ!お前もエセいい子だったんだろー!!」

と途端にワーッ!!と一斉に砲火するんですね。

今回の木村くんみたいに、大多数が「おかしいだろ!」と思うことに対しておかしいだろ!側について、

親にとっていい子でいることに

「いい子ぶってんじゃねえよ」

とぶつけられてしまっているんですね。

木村くんの顔がこずんで見えます。

前はキラッキラッして、輝いていたのに、今はとても辛そうですね。

(顔が変わった、綺麗になった、明るくなった、暗くなったっていうのは全て波動です)

師匠が言ってましたが、

親の為にいい子でいて、選んだはずなのに皆からバッシングを受けてる。

いい子でいたのに何でこんなに責められるの?と嘆いている。

と。

本当にそうで、いい子でいたくていい子でいたのに、

いい子でいたことで皆から責められて、苦しい思いをしている。

この現象は、いい子の末路を見せられてますね。

もう、これ以上木村くんを責めないであげてくださいね。

 

最後に

<いい子=誰かの為に演じます。

いい子の終わりが来る時は、「自分の為に生きていいんだよ」というサイン。

また、誰かの為にいい子を演じなくていいんです。

自分の為に生きてくださいね。

 

【関連記事】⇒傷つきたくない。感情を出さなくなる。

【前の記事】⇒SMAPが教えてくれたこと。-時代は変わる-

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2018 All Rights Reserved.