スピリチュアルカウンセラー・ヒーラー -引き寄せの法則、不倫、恋愛 仕事、毒親、子育て-

子供がある日突然、友達に無視された

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。natuです(^^)

最近、ブログを全く更新ができずにごめんなさい~(>_<)

ここ1か月ほど、子供会の会長の引継ぎ、イベント、長男の中学への入学準備、学校関係の役員の仕事、行事が立て続き、それに並行して長男の身に起こった出来事でてんやわんやでした。

起こった出来事では、長男自身も私もガッツリ自分と向き合わされました。

長男にも私にもとてもツラい出来事でした。

凄く腹も立ちました。

どうやったら首謀者をこらしめてやれるか。

そんな事も思いました。

だけど、「腹が立って終わり」、「被害者で終わり」になってしまっては何にも進まないんですよね。

その出来事は、私に何を見せているのか?息子が何を私に見せてくれているのか?

今日は【子供がある日突然、友達みんなから無視された】ことについて書いていきますね。

 

突然の無視

ある金曜日、息子が帰って来て泣きながら言いました。

「なんかいきなり皆から無視された。

おはようって言っても返事してくれないし、話しかけてもそっけないし、話しかけてもこない。

サッカーも入れてくれなかった。

誰かと話してても、A君が割って入ってきて話してた友達を連れていっちゃう」

仲の良かった子達も普段と様子が違ったという長男に

「ほんとに?たまたま元気がなかったとかじゃなくて?」

と聞くと

「たぶん違う。だって、〇〇君が教えてくれた。

昨日、俺の友達をA君が集めて(A君含め5人)俺のことを無視しようぜって話してるのを見たって。

誰がいたかも教えてくれた。

今日無視してきたみんなそこに居た」

話してくれた日の夕方、長男と1番の仲の良い友達が

なぜ長男を無視するのか?

友達が怒っている理由を聞いてそれを長男に伝えにきてくれました。

首謀者A君の理由は「C君と仲良くしてるから」

(C君は長男も一旦は距離をとって離れていた時期もありました。

それがゲームがきっかけになってまた遊びだしたんです。

実はC君もA君にたくさん嫌な思いをさせられているのを後で知りました)

他の子たちの理由を聞いても、長男は自分はいかさまやずるをしたつもりはないし、物の交換もあげたと言っていて、

ましてや

「C君と仲良くするのの何が悪いんだ!俺が遊びたいから遊んでる」

と腑に落ちませんでした。

長男の悔しくて

「なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ」

という怒りも無視された悲しみも伝わってきました。

ただ、私も長男の言い分だけを100%鵜呑みには出来ないので、

その時は

「長男が悔しくて悲しい思いをしてるのはすごくわかるよ。

友達に突然無視されたら悲しいにきまってるよね。

ただ、俺は間違ってない。俺が正しいってことをわかってくれ!になったらダメだよ。

もしかしたら長男の気づかないところで嫌な思いをさせちゃってるかもしれないよね。

週明け、みんなに、『何か悪いことしちゃってたらごめんね。でも突然無視されるのは悲しいよ』と伝えてごらん」

と言い、週明け長男はそれを伝えました。

 

伝えた後は露骨な無視はましになり、少し事態は収まっていたんですが、

その週の金曜に長男が怒って帰ってきました。(また金曜)

また、無視が再燃したんです。

しかも、今度は仲の良かった子達も前よりよそよそしくなって、長男に話しかけてこなくなったんです。

おまけに、普段は無視しているくせに首謀者A君と腰巾着B君が長男が授業中に友達と話して笑っただけで

「笑わないで」

と言ってきたりして露骨に攻撃してくるようになったんです。

それに対して黙ってない長男は

「お前らだって授業中笑ってるだろう。自分がやってることを人に注意するな!Aが優しいだって?優しい子はみんなで無視なんてやらないよ!」

というような正論を言い返して応戦したそうなんです。

(ちなみに、授業中露骨に言ってくるときは担任がいない or 担任以外の授業のとき。この時は家庭科だったそう)

そしてその日に、

「昨日の放課後、首謀者A君が腰巾着B君含む数人の男子を集めて、長男を明日から完全に無視なと話していたよ」

と教えてくれた子がいました。

しかも今回は2人目撃者がいて、長男も

「まさかまた?」

と思いその子にも確認したら、言っていたのを見たと教えてくれたんです。

「もう嫌だよ!なんなんだよ!!

無視してる理由聞いてもAには無視されるし、

〇〇君に聞いたら『始めたの俺じゃないからA君に聞いて』って言われて教えてくれないし、

別の子に聞いても『自分で考えな』って言われるし、

自分でわかんないから聞いてるのに、

C君と遊んでるからって集団で無視とかそんなことする奴の方がおかしいんだよ!」

と怒り爆発でした。

 

首謀者のA君は、体が大きくて言葉もキツく、スポーツもやっているので周りの子達が怖がってしまうのはわかるんですね。

それに引っ張られてしまうのもわかります。

自分の身を1番に考えるのもよくわかります。

方やうちの長男は背が小さくて体も華奢で、

だけど

「A君なんて怖くない!」

「遊ぶのやめたら無視をやめるって言われても俺は遊ぶのやめない。C君と遊びたいから!」

と言って屈しませんでした。

 

子供の問題は親の心を映してる

またしても再燃した出来事に

あ~これは私の心の内側がまだ反映されているな。

先週、この事があったときに、

私の中にまだ戦おうとしている自分がいるから、いつも敵意を向けられるようなことが起こる。

戦うのではなくて自分の思いを伝えろってことか

と感じて長男に話したけど、まだ解決しないってことはそこじゃなかったってことだよね。

と気づきました。

 

子供の問題は子供自身に原因があるように感じるかもしれませんが、それは違うんですね。

 

子供の問題は<フェイク>なんです。

 

親である自分の内側が反映して見せられてることなんです。

子供を通して自分でも隠してる、蓋をしている心を知るんです。

じゃあ、私は何を見せられてるのか?

それは、

自分を下げてる

 

でした。

自分を下げてるときは、

自分のパワーを他人に捧げているんです。

自分が本来持っている価値より自分を貶めて、相手側に立ってしまっているんですね。

自分が、こうしたい、やりたい、言いたいことに蓋をして抑え、自分を貫くことを拒否しているんです。

相手側に立ってしまっているから、長男に悪い理由が見つからないのに謝らせてしまった。

長男にしたら謝る理由がわからず謝るってのはすごい不本意なこと。

「ごめんね」と謝ることで相手に合わせ、相手に許してもらえたからOKとしてしまったんですね。

むしろ、無視したら謝ってきたからもっと無視してやろうぜ!と相手を調子づかせただけでした。

 

長男は、怒りを爆発させたときにも言ってたけど、

「友達と仲良くしたくらいで無視するなんてひどすぎる!!なんで無視するんだよ!!」

と本当は言いたい。

A君に屈しないのも、自分がこうしたいと思っていることを貫いていただけ。

長男は自分のパワーを他人に捧げていなかった。

自分を貫きたかったんです。

最初に謝ったことは相手が軸になっていて自分になってなかったんです。

他人に自分のパワーを捧げていたんです。

だから、解決しなかった。

 

長男は私に、

自分を貫くことで失敗するのが怖くて、

何もしていないのにマウンティングしてくるおばさんが近くにいるのは、

私が自分で自分を下げているから、

マウンティングすることで

自分の価値を確認するような

自分を下げている人が寄ってきていた。

本当は自分を貫いて堂々と生きたい私に気づかせてくれました。

もう治ったと思い込んでいた古傷が、開いて塞がっていないことに気づかせてくれました。

 

長男に伝えました。

「長男はほんとは言いたいこと一杯あるんだよね。

もう好きに言っていいよ。ただし、伝え方は大事だからね。俺が正しいんだ!では伝わらないよ。

あと、A君に俺に従ったら無視するのやめてやるって言われたら従う?」

ううん、と首を横に振って

 

「俺の人生は俺が決める」

 

そう言い切った長男を見て、もう好きにさせようと心に決めました。

「うん。じゃあ、もうあとは好きにしていいよ。

これで何かあったらもう学校も行かなくていいから。

無理していく学校なんて苦しいだけだ」

そう伝えると、学校に行かなくていいという選択肢があったことに驚きつつホッとしてました。

 

それから数日後・・・

長男が

「学校に行きたくない」

と言いました。

まだ、私の学びも長男の学びも終わっていなかったんです。

 

長くなってしまったので、次回に続きます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2019 All Rights Reserved.