あの人に変わってほしい。私は何をすればいい?

   

こんにちは!natuです(^O^)/

近所の大きい公園に桜と梅を見に行ってきました。

桜に話しかけたらゆさゆさと枝が揺れて応えてくれました(^-^)

自然の中に身を置くとパワフル充電ですね~♪

最近、セッションや相談などで【あの人に変わってもらう為に私は何をすればいいですか?】と聞かれます。

今日はこれについて書いていきますね。

 

他人は変えられない

人は自分を変えることは出来るけど、他人を変えることは出来ないんです。

それは、相手が誰であろうが出来ないんですね。

あなたの目の前に助けたい、何とかしたいと思う人がいる。

その人は恋人、親、友達、上司、同僚と様々ですよね。

この人が変わってくれれば、私は楽になれるのに。

この人が変わってくれれば、私は幸せになれるのに。

そうやって、相手を何とか変えようとして周りがゴチャゴチャ言ってもやっても変えることは出来ないんです。

変える事が出来るのは自分だけです。

自分で気づかない限り変わることはないんです。

でもね、変えることは出来ないけど、影響を与えることは出来るんです。

ドラマや漫画などで、初めは敵だったキャラが味方になったりするのと同じで、敵キャラと周りの関係性が変わっていくのは、敵キャラが自分を変えたからなんですよね。

「自分を変えたい、変わりたい」と自分の喜びに生きようと変わっていく姿が周りに影響を与えているんです。

周りが変わったのは、自分が変わったからなんです。

自分が喜びで生きるエネルギーを周りにシェア(分け与える)することは出来るんです。

ただ、相手が受け入れる準備が整ってない時は響かないんですね。

ブラインドを下ろして閉めて、外からの影響を遮断してしてしまっているんです。

ブラインドを下ろして閉めている部屋に、いくら外から太陽がサンサンと光を射し込んでも光は届かない。

自分でブラインドを開けて、光が届くようにしてくれて初めて外の太陽の光に気づけるんです。

周りが無理やりブラインドを開けることは出来ないんですね。

 

 自分自身の喜びに生きる

相手に変わってほしいから、自分を曲げて相手に合わせようと変えるのは違うんです。

相手に変わってもらうには、私が変わればいい。

そうすれば、相手もきっと気づいてくれる。

私も嫌な目に合わなくて済む。

と我慢や自己犠牲の代わりに見返りを求めているんです。

私はあなたの為に変わったんだから、あなたも変わってよね。

あなたの為に私はここまでしているのに、あなたは気づいてくれないのね。

結局、我慢や自己犠牲をして相手を変えようとしたところで相手は気づかないんです。

見返りを求めるものに、見返りは返ってきません。

それよりも、相手に何も変化がなく気づいてもくれないと、

自分が損したように感じたり、何かを取られているように感じてしまうんです。

そして、その意識に更に自己犠牲や我慢を強いるような出来事が引き寄せられてきてしまうんですね。

誰かに変わって欲しい、こうなって欲しいと願うのなら、

自分自身を喜び、幸せ、豊かさにピントを合わせて、楽しくいい気分で自分を生きることです。

それが、自分自身の幸せ、相手の幸せにも繋がります。

あなた自身の波動を相手にもシェア出来ることを覚えていてくださいね。

 

最後に

誰かに「変わってほしい」と求めるのは、生きていれば湧いてくる自然な感情です。

求めた時、自分のブラインドを開けてください。

自分自身の喜びにピントを合わせてくださいね。

自分が変わったから、周りが変わるんです。

自分自身を生きることが、幸せの循環になっているんですね。

 

【前の記事】⇒大人になってからの反抗期-いい子の心の叫び-

【関連記事】⇒不倫で好きが大きくなる-我慢していた感情-

 

 - 引き寄せ, 毒親の問題, 恋愛, 不倫, 仕事 , , , , ,