幸せはあなたのエネルギーから。根っこを癒すルーツカウンセラー/ヒーラー

自分を抑えられない。彼に感情をぶつけてしまう

2019/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。natuです(^^)

6月のセッション予定アップしました。

宜しくお願いします(^^)

友達にも親にも言えないことを、彼にはぶつけてしまう。

感情が抑えられない。

今日は【彼に感情をぶつけてしまう】について書いていきますね。

 

こんな私でも愛してくれる?

女性は好きな人には心をオープンにすることができます。

相手の事を全てわかりたいと思うのと同時に、相手に自分のこともわかって欲しいのです。

どんな私でも愛して欲しい

どんな私でも受け入れて欲しい

どんな私でも、されてる

そう感じたいあなたがいるんです

だからこそ、あなたが愛し、愛してほしい彼にとことんぶちまけてしまうんです。

どんな私でも受け止めてほしいから。

どんな私でも愛して欲しいから。

その裏には

「愛されるわけがない」

があるんです。

だから、何度も彼にぶつけてどこまで受け止めてくれるか試してしまうんですね。

でもね、それをやってると彼は疲弊してしまう。

彼がいくら受け止めても、愛しても、あなた自身があなたを愛していなければ、満たされない。

彼のことを愛せば愛するほど、「愛してくれるよね?」が大きくなるから。

彼がどれだけ受け止めても止まらないから。

こんなこと言ったら彼を困らせる

本当はこんなこと言いたくないのに

今までなら我慢できてたのに

彼との関係を壊したくないのに、気づいたらぶちまけてしまっている。

自分の感情を抑えられないことに苦しみ、自分を責めてしまうんですね。

でもそれは、今まで<我慢>という蓋をして無理くり抑えてきてたということなんです。

言ってはいけない

出してはいけない

と自分を縛っていたんです。

本当はその<抑えられないこと>があなたの本心で、普通だったりもします。

これまでは、無理をしていたんですね。

例え、醜くても汚くてもズルくても、あなたが本当に感じている心をあなたが否定してしまったら、行き場を失った感情は濁って溜まっていくだけなんです。

それだと苦しいまま。

みっともない自分でいい

かっこ悪い自分でいい

恥ずかしい自分でいい

まずはあなた自身がどんなあなたでもOKを出してあげる。

自分の味方になってあげる。

彼にぶつけてしまう自分を責めるのではなく、本心の自分を受け入れて生きていきましょうね。

最後に

最近私の所にくるクライアントさんも同じテーマで来られる方が多いです。

(不思議とテーマが集中するんですよね)

今まではそんなことなかったのに、仕事中にイライラが態度に出てしまったり、

流せてたことが流せなくなったり、色んなことが目に付くようになったり・・・。

そんな時は、感情の蓋を外す時が来たよのサインです。

本来、人間は喜怒哀楽をもってるからこそ、人間です。

抑えられない自分をダメとするのではなく、抑えていた感情に寄り添ってあげてください。

自分の本心に耳を傾けてあげてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. はなこ より:

    まさに昨日、やってしまいました…。
    久しぶりに彼と2人で会う時間を作ってもらえて嬉しかったし笑顔で別れたのに、帰宅中急にものすごく寂しくなって夜中に感情的なLINEを送ってしまいました。
    朝自分で読み返して「なんでこんなこと送ってしまったんだろう…」って自分でも引くような卑屈な内容だったんです。
    すぐに謝ればよかったのになかなか文章まとまらず、ウダウダしてるうちに彼から先に返信が来てしまって。
    彼からは「なんで怒ってるのかわからないけど、しばらく距離を取ろう」って内容で。
    私としては彼が面倒がってレスは無いだろうと思ってたのでレスがあったのにびっくりしつつ、自分でも何でこんな内容送ったかわからないけど、たぶん(私が寂しいと感じていたこと)が積み重なって感情が爆発したんだと思う、という説明と謝罪を送っておきました。
    「しばらく時間置いて放っておいたらまた連絡取れるようになるかな?」って楽観的に思う反面、既読になってないのは悲しいしこのまま二度と連絡取れなくなるのでは…っていう不安もあり。
    昨日はお酒も飲みすぎてしまったし、普段はこんなことしないのに…。
    せっかく時間を作ってくれた彼を傷つけてしまったなって後悔ばかりで気持ちが苦しいです。

    • natu より:

      はなこさんへ>
      コメントありがとうございます。

      幸せの時間を過ごしたからこそ、一人になったときに寂しさが溢れてしまったんですね。
      止まらなかったんですよね。
      彼にぶつけたのは、それだけ自分が寂しさを我慢していたんだなということを理解してあげてくださいね。
      自分を責めないでくださいね。

  2. 匿名 より:

    全く私でした。ぶちまけてぶちまけていつも受け入れてくれた彼がもう、疲れたみたいで会わないといわれ大泣き最後の最後までつよがって暴言吐いて、自分が嫌いだから他人に愛されるわけないといまでもどこかでおもつてます

    • natu より:

      匿名さんへ>
      コメントありがとうございます。

      彼との別れ、とても辛かったですね。
      匿名さんのお気持ちお察しします。

      匿名さんにとって彼は自分をわかってくれた人で「私」を見てくれた人だったんですよね?
      彼に爆発してぶつけてしまったのは、今までそれほどまでに自分の感情を抑えてきてたということなんです。
      どうしようもなくて外に出てしまったんです。ご自分を責めないでくださいね。
      ゆっくりと体も心も休ませてあげてくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2019 All Rights Reserved.