不倫で好きが大きくなる-我慢していた感情-

      2018/03/16

こんばんは!natuです(^-^)

暖かくなって春を感じる季節ですね。

会社の異動や退職などもあり、新しい恋の予感や二人の関係性が変わる出来事も起きやすいですよね。

今日は、【不倫で女性の<好き>が大きくなると出てくる感情】について書いていきますね。

 

 好きだとわかったとき

不倫が始まった時は、男女ともに割り切った関係を、お互いに深入りしないようにとセーブを掛けられます。

お互い家庭がある身なら、家庭を壊さないようにとどこかで理性を保とうとするんですね。

関係が進んでいくと、男性は割り切って続けることが出来ますが、女性は違うんですね。

彼と過ごした時間の分、彼と体を重ねた分、彼への「好き」が大きくなっていくんです。

最初はほんのちょっとの好奇心、恋愛気分で割り切れていたとしても、

気づいた時には彼への気持ちが大きくなっているんです。

「好き」の気持ちは止められないんですよね。

「好き」が大きくなってくると、今までならスルー出来ていたこと、我慢出来ていたことが出来なくなってきます。

しかたがない、こういう関係なんだからしょうがないと諦めて、怒らないようにと我慢して抑えてきた感情が溢れてくるんです。

私が毎日どれだけ不安かわかる?

少し連絡が途絶えただけで不安になって、すごく寂しくて

言いたいことも、困らせたくなくて我慢した

言おうとしたことも、2人の関係にピリオドを打ってしまうのが恐くて飲み込んだ

私だけがどんどん好きになっていって、あなたとの差が広がるばかりの気がして悲しかった

私の気持ちをわかって欲しいよ

なのに、あなたはいつもと変わらない

人の気も知らないで!!

そんな風に、<悲しみ=怒り>が溢れ出てくるんです。

それはね、彼のことが本当に好きなんだと自分でわかったからなんです。

それまでは、「いつかは終わることだ」とどこかで割り切れていたのが、割り切れなくなったからなんですね。

想いが大きくなるのに比例して、彼に求める想いも大きくなっていったんです。

時として我慢してきた感情は、あなたの身体に病気として表れます。

彼と会った直後や、彼と話した次の日に高熱が出たりします。

発熱は怒りの感情を顕著に表しているんです。

病気は感情を映す鏡です。

我慢して溜めこんできた感情が最終的に身体に表れます。

自分では怒っているつもりはなくても、身体は病気になって感情を表現するんです。

この彼に対して感じる<怒り=悲しみ>は親への感情が関係していることが多いです。

彼を通して、親との関係性を見せられているんですね。

彼に対する想いが深くなり、感情に気づくと、

自分の内側から今までにはない感情が出て来たり、身体の変化が表れます。

それがどれだけ汚かろうが、醜かろうが、人間だから感じるものなんです。

否定せずに、受け入れてあげてくださいね。

 

最後に

「私は彼が本当に好きなんだな」

これに気づいた時、女心は少し複雑です。

辛く苦しい事が多い恋愛になると知っていながら、

厄介な相手のはずなのに、

簡単には離れられないことが分かってしまっているから。

厄介な相手じゃなければ見えないものも沢山あります。

あなたの「好き」を大事にして下さい。

厄介な相手を好きになった自分を許してあげてくださいね。

 

【前の記事】⇒男性は感覚・感情を表に出さない-隠れた怒り-

【関連記事】⇒彼の優先順位

 

 - 不倫