不倫で知る『愛し方・愛され方』

   

こんにちは。natuです(^O^)/

昨日は子供達の持久走記録会でした。

後ろから数えた方が早い順位でしたが、最後まで歩くことなく走りきったので頑張りました^_^

びっくりすることもあったんですが(苦笑)

昨日は、子供の事で色々とありすぎて、とてもぐったりしてしまいました(>_<)

今日のテーマは【不倫の愛し方・愛され方】について書いていきますね。

 

愛は与える・受け取るで循環する

不倫は女性の方が悲しい思いをし、傷つくことが多いです。

独身同士の恋愛とは違って、女性が男性を追いかける形になることも多いです。

男性の都合に女性が合わせることが大半なので、自然とそうなっていってしまうんですよね。

<追いかけるより追いかけられたい>

<愛するより愛されたい>

女性なら誰しも思うことですよね。

男性に愛されて、守られて、追いかけられたい。

でもね、それは独身同士の恋愛なんですね。

不倫の場合は、彼には自分以外に仕事も家庭もある。

あなたにも仕事と家庭がある場合もある。

色々な制約がある中で関係を育み、いつでも好きな時に連絡が取れるわけでもなく、次いつ会えるかわからない不安定な関係なんですよね。

その不安定な関係だからこその、愛し方愛され方があるんです。

女性が傷つくことが多いとわかっていながら、彼から離れられない。

苦しいはずなのに、辛いはずなのに彼と一緒にいるのは、

今まで自分が与えてきた愛し方とは違う<愛し方>

今まで自分が受け取ってきた愛され方とは違う<愛され方>

を学ぶためにも繋がっているんですね。

今まで通ってきた道とは違う道を見せてくれるんです。

彼が愛してくれるから愛する

彼が大事にしてくれるから大事にする

彼が愛を言葉にしてくれるから愛を信じる

彼が私の全てを受け止めてくれるから愛する

だから、彼を愛する

全て受け身の愛し方から、

私が愛しているから愛する

私が大事にしたいから大事にする

私が選んだ彼だから彼を信じる

私の全てを受け止めてくれなくても彼を愛したい

だから、私は彼を愛する

 

あなたが先に<愛>を与える。

彼が与えてくれるからじゃなく、私が彼に<愛>を与えたい。

そんな<愛し方>を教えてくれるんです。

 

彼はあなたのことを大事に思っているほど、不確かな未来の事は簡単に口にしません。

<責任・役割>に重きを置く男性は、本当に実現できるかどうかの確信がないと「出来る」となかなか言えないんです。

あなたのことを「好き」と言いたいのに、これ以上あなたの事を好きになってはいけないと<責任・役割>がのしかかり、罪悪感を感じて言えない彼もいますからね^^;

 

彼の言葉では表さないけど、態度で示してくれる<愛>に気づいて受け取る。

大きいことばかりじゃなく、小さくても彼なりの<愛>に気づいて受け取る。

彼が今出来ることの中で、あなたを想ってくれている<愛>を受け取る。

そんな<愛され方>を教えてくれるんですね。

 

受け取ったらきちんと彼に「ありがとう」「嬉しい」を伝えて、あなたからの愛を与えてあげてくださいね。

愛を与える・受け取るの<愛>を循環させていってくださいね。

「私が彼を愛しているから」の愛し方になっていくと、

彼からどれだけ愛されてるのか?

彼は本当に私の事を好きでいてくれるのか?

と彼の気持ちを確かめようとはしなくなります。

『彼だけ』になっていた自分が、「私が愛したいからそれでいい」と自分を軸にすることが出来るんですね。

彼のいない時間、彼と連絡が取れない時期を悶々と過ごすのではなくて、

「今は私じゃないのね」とドーンと構えていればいいんです。

自分軸で、自分をハッピーにすること、喜ばせてあげることをして、自分を大切にしてあげていると、彼からも大切にされるんです(^-^)

クライアントさんも自分軸を意識して実行していたら、

しばらく会えてなかった彼から、今まで1度も好きなんて言われたことなかったのに、

突然「好き」ってメールが来たって嬉しい報告してくれた方もいました(^^♪

追いかけてもらおうとしなくても、自然と彼が追いかけてくるようになるんです^_^

 

最後に

不倫は独身同士の恋愛とは違います。

一緒にしちゃいけないんですね。

だからこそ、不倫でしかわからないことがたくさんあります。

不倫を選んだこともあなたに必要なことだったんです。

彼との繋がりを大事にしていって下さいね(^-^)

 

【前の記事】⇒恋愛でも不倫でも同じ-彼に不安な気持ちを言えない-

【関連記事】⇒不倫への罪悪感

 

 

 - 不倫 , , , , , , , , , ,