スポンサーリンク

不倫でも恋愛でも彼は”話し合い”が嫌い

不倫・ダブル不倫

こんにちは。natuです(^^)

毎日、暑いですねー!

暑すぎると人って「暑いっ!!」しか言わなくなりますね(笑)

今日は【男性は話し合いが嫌い】について書いていきますね。

スポンサーリンク

感情の話し合いは苦手

不倫や恋愛をしていると、男女の考えや思いのすれ違いは必ず発生します。

特に不倫では会う時間、話す時間も限られていて、どうしてもLINEやメールでの連絡が主になるので、

女性は

私の気持ちを伝えたい

彼の気持ちを聞きたい

と思うことが言えないし聞けないんですよね。

例え、文で会話してもどうにも腑に落ちなくて

「やっぱり会ってちゃんと話したい」

になるんですね。

相手の顔を見て、目を見て、肌でその場の空気を感じたいんですよね。

だけど、

男性は“話し合い”が嫌いです。

話し合いといっても、
<感情が主軸となる話し合い>

を避けたがります。

そうではない会議や会合のような
<理論・知識が主軸となる話し合い>

は大好きなんですね。

(日本の会社は会議がすごく多い 苦笑)

元々、男性は自分の感情を吐き出したり、感情を表現するといったことをしてきてないですし、自分の弱さを外に見せるなんてもってのほか!

“男らしくない”とできないんですね。

なので、自分の弱い部分を見ることになる“自分の感情”と向き合うというのも苦手なんです。

何かあったとしても自分の内側で自己解決させて、「実はこういうことがあって」と事後報告的に話してくることも多いです。

だから、

どこがゴールかわからない

今の自分ではどうにもできない

彼女が納得する答えを出せない

だけど今の状況を変えたくない

自分も変えたくない

自分の中でも答えが出ていない

ましてや、自分が責められるとわかってるなら尚更話したくないんです。

そんな状態のときは、話し合っても曖昧な答えだったり、結局はぐらかされたりと余計に悶々とするだけになったりします。

女性は、

自分の不安を払拭したい

自分の気持ちをわかって欲しい

彼が自分とのことをどれだけちゃんと考えてくれてるのか

彼と私の気持ちの距離を知りたいんだよね。

そして、「彼に愛されてる」と安心したいんですよね。

好きな人との心の距離は近くにいたいですもんね。

最後に

男性が<話し合い>に真剣に向き合うときは、男性の中でもある程度”答え”が出ているときです。

もしくは、答えを出す準備が出来たときです。(腹を括ったとき)

彼の”答え”があなたの望むものと違ったとき、あなたはどうしたいですか?

彼とそれでも続けるのか?

彼とは別の道を行くのか?

その時は、自分の心に素直になってくださいね。

自分に嘘をつかない、しがらみも世間体もない”素のあなた”の気持ちを尊重して選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました