スポンサーリンク

この世にブスブサメンと美男美女の両方がいる理由

恋愛・結婚

こんにちは!natuです(^^)

なんだか炎上しそうなタイトルですが、ふと思ったんですよね。

なんでこの世には「ブスと美人」「ブサとイケメン」が存在してるんだろう

どうせなら最初の遺伝子レベルで全部美女とイケメンにしちゃえば良かったのにって。

こんなこと言うと「お前が言うな!」って聞こえてきますけど、私自身も容姿でハッキリ「かわいくない」と言われたこともありますし、嫌なこと言われたり、親からも酷いこと言われたりしてきました。

そこで、私なりに理由を考えてみました。

完全に私の主観なので、

読んでもいいよー

大丈夫、怒らないよー

と心の準備が出来た人はこの先も読んで大丈夫です。

このやろう!何言ってやがる!

となってる人は引き返してくださいね。

ノークレームノーリターンです(笑)

スポンサーリンク

理由を考えてみた

生存本能を掻き立て遺伝子を残すため

冒頭で「全員イケメンと美女にしちゃえば良かったのに」って言ったけど、全員が全員イケメン美女なら

「君をゲットだぜ!」

の取り合いに発展しないよね。

(娘が四六時中ポケモンのアニメループしていて頭から離れない)

皆、イケメン美女なら焦らなくても、自分もパートナーも誰を選んでも見目麗しい人が必ずゲットできる。

あのイケメンをゲットしてやる!

綺麗なあの子と付き合いたい!

という風に競争が起きない。

競争が起きないということは、変な余裕が生まれる。

変な余裕は、向上心を衰退させる。

向上心がなくなると生きる気力も減っていく。

自分に気力がない時に

「誰かを守ろう」、「子供を産もう」

とはならない。

それに、誰を見てもキャーキャー言わなくなる。

アドレナリンも出ないし、「癒されるわ~」ってならなくなる。

だって、自分を含め皆がイケメン美女ならそれが当たり前になっちゃうから。

見慣れちゃうのよ。

「この顔の遺伝子を残したい!」

「この人とどーしても結婚したい」

「この人との子供が欲しい」

「国宝級イケメン、国宝級美女の遺伝子は残してください!お願いしやすっっ!!」

ってならなくなっちゃうよね。

「皆、同じくらい良い顔面してるんだから、自分じゃなくても誰かが遺伝子残してくれるでしょ」

ってなっちゃってもおかしくないんだよね。

つまり、イケメン美女がいることで<人間の活力>になってるということ

それが結果的に生存本能、遺伝子を残すということに繋がっているのではないでしょうか。

世界はバランスで成り立っている

これは1.にも繋がる話になるけど、この世界はどちらか一方に偏ったままということは絶対にありません。

やじろうべえの様に右に傾けば左に引き戻されます。

悪いことが続いた後には必ず良いことがあるように。

人の道に外れたことをして良い思いをしても、必ず後からツケを回収されるように。

(芸能人、You Tuberなどにも色々ありますよね)

それと同じで「良い顔面」もあれば「そうでもない顔面」もある。

もしかしたら、出生率がイケメン美女率が高い年の翌年はそうでもないかもしれない。

<憧れの人>は自分の目標になる。

「この人みたいになりたい!」と自分の背中を押してくれる。

逆に<憧れの的>の人は「あーはなりたくない!」と、そうあり続けようと弛まぬ努力をする。

どちらか一方だけでは味わえない<感覚・感情>を知ることになります。

神様はなんて不公平なんだ

と思うこともあるかもしれない。

でもね、

天は二物を与えず

とあるように必ずあなただけの強みがあります。

天は二物を与えてるよ

と思わずにはいられない人がいるとするのなら、

その人は見えない所で弛まぬ努力をして、今の自分をそう見せているんだと思いますよ。

最後に

イケメン美女は目の保養&癒しですね~。

イケボは耳に良い&癒しですね~。

生きる活力、養っていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました