全ての悩みの元は根っこにある。根っこを癒す人・ルーツカウンセラー

「子供の為」を親の自己満足と履き違えない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「親」というのは、子供の事になると視野が狭くなる

“子供の為”と言ってる口は本当は誰の為なのか?

親の見栄、自慢、望み、自分が叶えられなかったことの押し付け、

親の自己満足の為の、“子供の為”になっていないか?

子供の気持ち、ちゃんと聞いたことある?

子供の顔、ちゃんと見てる?

子供は”笑って”ますか?

子供の頑張りを、

子供の成績や結果を、

親の自分の手柄だと勘違いしてる親が多すぎる

それは、あなたの功績ではなく

子供の努力の結果なんだよ

確かに、親のサポートなしでは子供が頑張ることは難しい

それでも、サポートの意味を取り違えてはダメなんだ

本当の“子供の為”とは、

子供がのびのびとそれを楽しみ、自分で選び進んでく背中を支えてあげることではないか。

そして、親も子供と一緒に楽しむことが“結果”に繋がっていくのではないか。

今、あなた自身も子供も笑っているか?

もし、笑えてないのなら、

居場所を変える、やり方を変える

が必要です。

子供もあなたも笑えて楽しめている

それが子供の為になりますよ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 白い羽 -natu- , 2019 All Rights Reserved.