スポンサーリンク

最後に行き着く先は「愛されたい」

引き寄せ

人が求めてるも

それはいつだって「愛」なんだ

何を言ってんだ

と言われようが、

悩んで悩んで最後に行き着く先は、「愛されたい」

誰も自分のことをわかってくれない孤独の行き着く先は、「わかって」

なんだよね

誰しも

「愛されたい」

「愛されてる自分」

私は愛されてるって確信が欲しい

誰しも

「わかってほしい」

「見てほしい」

私は独りじゃないって確信が欲しい

求めれば求めるほどに遠ざかる

こんなにいい子でいるのに

こんなに頑張っているのに

どうして誰も私を愛してくれないの

どうして誰も私をわかってくれないの

だって、あなたがあなたを愛していないんだもの

だって、あなたがあなたをわかろうとしていないんだもの

あなたがあなたのことを「私なんかどうでもいい」と自分を見放していれば、

それは叶わないんだよ

誰かから

「愛してるよ」

「大好きだよ」

そう言われて

私は愛されてる

そう思えるのはほんの一時

愛」は他人から与えられて満たすものではない

自分で与えるもの

自分で受けとるもの

自分で満たすもの

それができて、初めて誰かに愛を与えることができる

自分に愛がないのに他人に与えてばかりいたら、カピカピのスポンジ状態

ポロポロ崩れてく

カピカピだから、受け取ってもすぐ乾いちゃう

すぐ乾いちゃうから、自分を浸したくて違うところに求めてしまう

もっともっと、と一向に満たされない乾きを埋めようと求めてしまう

そうなると、

「こんなカピカピのスポンジ使えないからいらないや」

って捨てられちゃう

私がダメだから捨てられるんだ

私がいけないんだ

私なんて・・・

どうせ私なんて

自分で自分を棄ててしまう

そんな風に自分をカピカピのスポンジにしてしまうのは、もうずっと前からのこと

小さい頃から他者にたくさん与えて与えて、何にも返ってこなくても、

もっと与えれば「いつか」ってカピカピになるまで耐えてきたんだよね

それでもまだ頑張ろうとしているんだよね

愛されたいから

もうね、耐えるのやめていいんだよ

何にも返ってこないのを「何ともありません」って顔しなくていいんだよ

もう、他者に与えてばっかりはやめていいんだよ

それを止めたとき、自分に愛が向くんだよ

耐えるのを止めたとき、耐えなくてもいい状況になるんだよ

何ともない顔を止めたとき、楽になるんだよ

自分に愛が向けば、周りもあなたに愛を向ける

求めてやまなかったものは、最初からここにあったと気づけるよ

 

タイトルとURLをコピーしました