スピリチュアルカウンセラー・ヒーラー -引き寄せの法則、不倫、恋愛 仕事、毒親、子育て-

依存する側も、される側もツライ。依存では幸せになれない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。natuです。

私が過去から今まで相談されてきた中に「依存」についての悩みが多いです。

これは男女どちらからも相談され、依存する側、される側、両方を見てきました。

昨日もTwitterで少し触れましたので、記事にしたいと思います。

 

『依存する側』はくれくれ状態

『依存』はする側も、される側もとても辛いです。

よく聞く言葉に『共依存』というものもありますね。 共依存について

『依存』は自分の中に足りない愛を、人や物に満たしてもらおうとして起きます。

自分を誰かに幸せにしてもらおう、愛で満たしてもらおうとしています。

自分で自分を愛せてないんですね。

⇒ 参考記事:自分を愛するとは?愛されたいと願うまえにすること

 

心の中に自分への愛の水がたまったコップがあります。

自分を愛せている人は、少し水が減っても自分で注いで満タンにすることができます。

誰かに幸せにしてもらおうとしている人は、自分で注ぐことができないので誰かに注いでもらおうとします。

その誰かが、注いでも注いでも水は少しも増えません。

なぜならコップの底に穴が開いてるからです。

コップに水が一杯になってしまったら、自分に水を注いでくれる人がいなくなってしまうかもしれない。

そうしたら誰が私を幸せにしてくれるの?との思いからコップに穴を開けてるんです。

愛されたい、幸せにして欲しい思いばかりになってしまっているんですね。

『依存する』人は、子供の頃に親からの愛情をもらえなかったり、何をしても認めてもらえなかったり、親や過去の恋人、友達から疎外されて孤独を感じていることが多いですね。

孤独を感じて生きていて、やっと自分を理解してくれる人に出会えたと喜びます。

『今度こそ私は独りじゃない!私にはこの人だけ!』と相手が自分から離れていかないように、自分だけしか相手の視界に入らないようにしてしまうんです。

相手が満たしてくれるとそれだけでは満足できなくなり、相手が離れようとするとそれを察して尚更エスカレートします。

”愛をくれくれ!もっと、くれくれ!”のくれくれ状態です。

依存されている側は注いでも注いでも、”もっともっと!”と求められ心も身体も疲れていってしまうんです。

 

『依存されている側』も同じ思いがあるから引き寄せあう

『依存されている側』と言いますが、出会ったときはお互い同じ波動で引き寄せあっています。

今されている側でも、同じように”誰かに愛を満たしてもらおう、幸せにしてもらおう”という思いがあります。

そのバランスが崩れたから『する側』『される側』に分かれたのであって、このバランスが上手くかみ合ったら『共依存』というお互いがお互いに依存する関係になっていたんですよね。

なので『依存される側』も、自分のそういう思いが『依存する人』を引き寄せていることに気づかないでいると、また同じように『依存する人』を引き寄せてしまいますよ。

 

依存する人の側に居続けると、エネルギーをずっと奪われていきます。

恋人や友達だとすぐに離れることが出来なくて、もっと苦しくなります。

される側が、”自分が我慢していれば相手が変わってくれるかも”と思って我慢したところで無意味です。

他人を変えることは出来ません。

変えることができるのは自分だけです。

自分が変われば周りが変わってきます。

我慢は自分の心がどんどん壊れていき、最終的には爆発してしまいます。

爆発してしまう前に、相手との距離をとったり、はっきりと伝えたりして、ときには完全な別れも選択しなければいけないかもしれません。

自分がどうしたいか、しっかりと見つめてくださいね。

 

最後に

心の中のコップの愛の水は、人に注いでもらうこともあるけど、自分で常に注げるようになっていないと、いつも量が少なかったり、空っぽのままです。

自分で愛の水を増やして、コップを満タンにしてあげましょう。

自分を幸せに出来るのは自分だけです。

誰かに幸せにしてもらうことは出来ません。

自分の中に愛を満たしていきましょうね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 白い羽 -natu- , 2017 All Rights Reserved.