小学生の反抗期!親の接し方で子供の未来が変わる!

      2017/07/03

こんばんは!

子供たちが私の身体の硬さを真似してゲラゲラ笑ってるので、はるに電気あんまを食らわてやりました。

はる
マジでやられた!金○ついてるか確認しなきゃ!!

と確認しているはるに大爆笑のnatuです。

 

小学生中学年頃から、なんだか子供が反抗することが多くなってきた!

と感じませんか?

その時期はちょうどプチ反抗期の始まりです。

今日はプチ反抗期の乗り越え方を紹介していきます。

 

ギャングエイジとは?

小学生3、4年の頃~高学年ギャングエイジといわれます。

親や大人の干渉から逃れ、友達や仲間とのつながりをそれまで以上に求める時期でもあり、グループを作って遊んだり、活動したりする時期です。

自我が強くなる時期でもあるので、親との衝突も増えてきます。

いわゆる生意気な発言が目立ちます。

友達と秘密基地を作ったり、自分の力だけで何かをしたがる時期ですね。

自己主張も強くなり、生意気な発言が多くなるので、言葉が汚くなったり、言い方もきつい言い方になります。

友達や兄弟との競争意識も高くなります。

プチ反抗期ですね。
 
金○がちゃんとついてるか確認しているはるもその年代です。
 
毎日、友達と秘密基地に出張に行ってます(笑)
 
妹との衝突や友達とのトラブルも4年生の頃から増えてきました。
 
でも、それは子供の成長の証です。
 
子供が自立しようとしている証拠で、親も子供徐々に、お互いに離れていく準備期間に入ったという事です。
 
 
 

人は怒りのピークは6秒!堪えて冷静に叱るのがいいが雷を落とすことも必要

生意気な発言が出るわ出るわで、イライラする気持ちは非常にわかります。

「なんで!」「違うよ!」「今やろうと思ってた!」「俺ばっか!」「間違えちゃった」

知恵もついてきて、ずる賢さもプラスされてるので言い訳もたくさん出てきます。

毎日、毎日、同じようなことで怒って、兄妹とも同じようなことでケンカしてうんざりします。

爆発しそうになる怒りを大人になって大人になって・・・

なれんわー!!ってなる時もあります。
 
フランキー将軍に本気で出てきてほしいと思う時もあります。
 呼んだ?
 
そういう時は一旦落ち着きます。
 
 
人は怒りの感情は6秒がピークといわれています。
 
ぐぬぬぬとなる気持ちをクールダウンさせて、感情的になったまま怒らないようにします。
 
怒りが落ち着いてきたら、冷静になり落ち着いて叱ります。
 
頭ごなしに全てをいきなり否定するのではなく、きちんと子供の言い分を聞きます。
 
聞き終えたら、こちらから質問します。
 
  • ◯◯が同じ事されたり、言われたりしたらどう思う?
  • じゃあどう言えば良かったと思う?
  • 何がダメだったと思う?
  • ダメじゃないって思う理由はなに?
  • 親の間違いを子供が指摘した場合、素直に認めて謝る
 
と、本人にどこがいけなかったのか、何がダメだったのか気づかせてやることが大事です。
 
 
このギャング化時期は調子に乗りやすくもなってます。
 
あまりにも調子に乗って、自分の言い分ばかりを通そうとしたり、兄妹に言いがかりや意地悪などをして目に余るときは、ガツンッ!!っと特大の雷を落とすことも必要です。
 
 
締める時は締める、じゃれる時はとことんじゃれる、優しくするときは優しくする。
 
メリハリをつけて接していけばいいのです。
 
 

ただし、やってはいけないことがあります

 

1.叩いたり暴力でおさえつける

(子供に恐怖心といつか仕返してやるという気持ちを植え付ける。暴力で黙らせればいいと思うようになる。)

 

2.全くいい分を聞かない

(自分の言うことを聞いてくれない、受け入れてくれないと何も言わなくなる。自分は見放されてると思うようになる。)

 

3.人格を否定するような事を言う

(自分はダメな人間なんだと植え付ける。自己肯定感を低くする。)

 

4.見返りに物でつる

(課題をクリアすれば物が貰えると思うようになる。なんでもお金で解決するようになる。)

 

5.なんでも言うことを聞いてしまう

(私の言うことは正しい。言えば聞いてもらえると思い込むようになる。)

 

6.子供の言い分を鵜呑みにして怒らない

(嘘やごまかしで自分の思い通りになると思い込むようになる。いい子を演じるようになる。)

 
反抗期にこういった対応をすると、
 
  • 親の言うことを聞かなくなる
  • 全くコミュニケーションが取れない関係になる
  • 外ではいい子を演じるようになる
  • なんでもお金で解決できると思ってしまうようになる

大きく今後に影響します。

 
反抗期というのは親にとっても試練ですが、ドーンと構えて考えすぎない事が大事です。
 

反抗期は辛いが、明けない夜はない

ギャングエイジの時期をすぎると、子供が親から離れていく速度は速くなっていきます。

中学、高校になるとますます加速します。
 
はるは、もう既に友達の前だと手を繋いでくれませんからね。
 
今しかない、大人になっていく成長の証をきちん受け止めて、親も子離れの準備に入らないとダメですね。
 
ドーンと構えて、親も考えすぎずに反抗期を乗り越えていきましょうね!
 
 
 
 

 

 - 子供の問題 , , , , ,