『72時間ホンネテレビ』を見て-大好きと後悔-

   

こんばんは!natuです(^O^)/

3連休いかがお過ごしでしたか?

私はAbemaTV『72時間ホンネテレビ』をずっと見てました!

今日はこのことについて書いていきます!!

余韻が残っているうちに!!!

※この記事は個人的な私の主観に基づいて書いています。これより先は不快に感じる方もいるかもしれませんが、ご了承の上お読みください

 

 本当に大好きです

私はSMAPが大好きです(^-^)

小学生の頃からずっと見てました。

このブログでも何度か記事にしてますが、

「本当に大好きだ」

って今回のAbemaTVを見ていて改めて思いました。

72時間、トイレに行くのも、ご飯を食べるのも、出かけるのも、寝るのも惜しくて、

CM中に「今がチャンスだー」と急いでいろんな用事をやっていました(笑)(笑)(笑)

CM長いって言われてたけど、私はその方が用事を済ます時間があって助かりました(^_^)v

おもしろくて、楽しくて、幸せで、何より3人に会えたこと、森くんに会えたことが幸せで幸せでしかたがありませんでした(T T)

<森くんとSMAPがテレビで会えること>がどれだけ奇跡かを改めて感じた。

森くんも10年いない事にされてたもんね。

本当に本当に森くんに堂々と会えて、ハグして、話せて良かった。

涙が止まらなかったよ。

要所、要所、地上波のTVでは言えない事をサラッと言ってたり、

吾郎ちゃんの「曲名いうと怒られちゃう」

つよぽんの「僕らには曲がないので」

慎吾の「ゼロになる覚悟で決めた」

3人が出てくれたゲストさんや森くんに

「僕はSMAPって言っていいの?」

「俺は曲名を言って大丈夫?」

と聞かれて、

「みなさんは大丈夫」

とSMAP関連のワードが全てNGになっているんだなと、

SMAPで生きてきた3人から、SMAPをなかったことにしようとしている人達がいることに、

とても悲しいのと同時に怒りが込み上げてきました。

色々な事情があるにせよ、1人の人間が自分が自分で居られなくなってしまう前に、壊れてしまう前に、

自分の人生を賭けて変わろうと決めただけなのに、

今までの功績や影響力を無視してそこまでするんだなと。

まさに、母(副社長)と娘(マネージャー)の確執と同じですね。

母親は1人の娘しか可愛がらず、認めなかった。

もう1人の娘(マネージャー)がどれだけ頑張っても、

どれだけ道を切り開いて結果を残しても、認めてくれなかった。

認めようとしないどころか、「逆らうなら出ていけ」と言われてしまう始末。

そんな母親に娘は見切りをつけ、変わろうと決心して母親の元を去る。

だけど母親は娘が自分に逆らったこと、育てた恩を忘れて出て行ったことが許せなくて、

娘の道を応援するどころか閉ざそうとすらする。

自分が認めたくないと思っている人間が、自分を超えて認めざるおえなくなるのが恐いんですね。

今まで自分が築いてきたものを、一瞬にして壊されそうで恐いんですね。

そう、母親は恐いんだ。

恐いから片っ端から根回しして、どうにか潰そうとしている。

それに娘と娘の大事な家族が、潰されまいと頑張っているんですね。

公には言えないけど、「おかしい」と分かっている人達がたくさん手を差し伸べてくれて、

彼らを助けようと動いてくれる人たちがたくさんいた。

鶴瓶さんもエンドロールのメッセージで「もしやれるなら一緒にやろう」と言ってくれていた。

彼らが、今までどれだけ人に対して誠実に優しくしてきたかがわかる。

だから、助けたいと思ってくれる人がたくさんいるんだよね。

行動に移してくれる人がたくさんいるんだよね。

本当に凄いと思う。

 

 後悔したこと

最後の72曲ライブでは、彼らの選曲に中居くん、木村くんへのメッセージだったり、

これからの自分達へのメッセージがこもっていて泣けてきました。

慎吾の歌ったザ・ブルーハーツの「青空」は中居くんの好きな歌で、

歌い終わった時にカメラに向かって笑顔で手を振ったのは、中居くんに手を振ったんだろうな~。

ゆずの「いつか」は、「いつかまた」の歌詞に3人の思いが詰まってるなぁ~。

私はSMAPに会えなくなると分かった時、後悔しました。

「どうしてファンクラブに入って、ライブを見に行かなかったのだろう」

本当に後悔しました。

今回のライブを見て、更に心底思いました。

私が学生の時は、親は借金を重ねていてファンクラブに出すお金もコンサートに行く旅費も出せなかったんですね。

「入りたい」と言った時に「ダメ」の一言で終わりました。

まぁ、バスケをやっていた私は1年中、土日は練習、試合でほとんど遊びに行くなんてできなかったので、そうそう日にちが確保できないってのもあったんですけどね。

高校卒業後もWワーカーのフリーターで、実家に居る分お金も入れていて、

車も保険もその他も全部自分で賄っていたので、生活に余裕もなくファンクラブに入りませんでした。

そして、23歳ででき婚して、母親になって育児・家事・仕事に追われ、ライブに行く機会も作れなくて、

落ち着いたらファンクラブに入ろうなんて思っていたら、SMAPに会えなくなってしまいました。

彼らが解散して会えなくなるなんて思ってもみなくて、

「いつか会えるから、まだ入らなくて大丈夫」

なんてのんびり構えていたら、次はいつ5人の歌が聞けるか分からなくなってしまいました。

「まだ大丈夫」なんてそんなの誰にも分からないのにね。

明日が今日と変わらないなんて、誰にも分からないのにね。

好きなら、やりたいと思うのなら、<まだ>ではなくて<今>やるんです!

<今>やらなくていつやるの?

<今>を逃したら<次>は来ないかもしれない。

自分が好きだと思うこと、やりたいと思うことは1番にやってください。

色々な理由をつけて、後回しにして後悔して欲しくない。

私はもう2度と後悔しないように、3人の力になれるようにNAKAMAに加入しました。

自分がやりたい!応援したい!という気持ちを優先しました。

今、何かをやりたいけど踏み出せないと思っているのなら、<今>を逃さないでください。

あなたの直感を信じてくださいね。

 

最後に

72時間ホンネテレビは本当に幸せな時間をくれました。

吾郎ちゃん、つよぽん、慎吾、飯島さん、ゲストの皆さん、藤田社長、スタッフの皆さんに感謝申し上げます。

本当にありがとうございました(*^_^*)

公式HP⇒AbemaTV

【前の記事】⇒SMAPへの愛をしたためる。-どうか届きますように、みんなのもとへ-

【関連記事】⇒SMAPが教えてくれたこと。-時代は変わる-

※画像の花は百日草です。

花言葉は『不在の友を思う』『絆』『いつまでも変わらぬ心』

 

 

 - 引き寄せ, 信念 , , , , , , ,