スポンサーリンク

「いくつになってもやり直せる」のは責任を負ってない人だけ

メンタルヘルス

「いくつになってもやり直せる」

この言葉は本当であってそうでない

10代の自分はその時しかいない

20代の自分もその時しかいない

30代以降の自分は、自分の事だけ考えていられる年代ではなくなってくる

家庭を持ってたり、仕事で責任ある立場に立ってたりと、いろんな『責任』がついて回っている

いざ、

自分の人生なんだったんだろう。やり直したい。やってみたい事が見つかった。

と思ったときに……その『責任』が重くのしかかり、動けない。

動くことを許されない状況に身を置いている。

そうなってからでは、後悔ばかりが押し寄せる。

あの時、親を捨ててでも一人で生きていく勇気を持てたら。

拗ねて突っ張ってないで、誰か大人に相談していれば。

そうしたら……今の私は、違う私になっていたのかもしれない。

そんな、後悔と虚無に覆われる前に、動ける今に、行動を起こそう。

親を捨てる事が悪いだなんて思わない。

あなたを大事にしてくれない人を、なぜあなたが大事にする必要があるの?

今、あなたが大事にするのは自分自身。

あなたの未来の為に、今動こう。

動ける内に、勇気ある選択しよう。

「いくつになってもやり直せる」のは、何も『責任』を負ってない人だけ。

やり直すチャンスは誰しも平等には訪れない。

そのチャンス、逃しちゃ駄目だよ。

あなたの選択肢を拡げよう。

タイトルとURLをコピーしました